投資家目線で見る仮想通貨 ビットコインは投資先として有りか

役に立ったらお友達にも教えてあげて下さい!

ビットコインチャート

少なくとも投資家としてネット上から情報収集していると仮想通貨、ビットコインという名前をネット上で見ない日がなくなってきました。

個人に投資(支援と言った方が正確かもしれません)できるVALUのようなサービスがそうですが、ビットコインを基軸として組み立てられたサービスは今後も多く出てくるでしょう。

そのビットコインを投資家目線で投資として有用なのか、今現時点の僕の認識を書いてみようと思います。

スポンサーリンク

そもそもビットコインとは?

そもそもビットコイン(BTC)は仮想通貨の1つで、すごく端折って言えば僕らが普段目にする日本円(JPY)や米ドル(USD)、ユーロ(EUR)なんかのいわゆる現存通貨とSuicaやEdyのような電子マネーの間に位置するものだと思っています。

仮想通貨は日本円のように通貨そのものは目に見えません、仮想ですから。

ただし、SuicaやEdyと決定的に異なるのは変動相場制通貨である点です。

変動相場制通貨

いわゆるFXに当たるのがそうなのですが、日本人に最もメジャーな日本円×米ドル(ドル円)という価格というのは固定されていません。

時期によって1ドル=100円の時もあれば、1ドル=120円の時もあります。

過去には100円を割ったり300円も超えていた時期もありました。

このように片方の通貨に対してもう片方の価値が変動するシステムが変動相場制です。

そしてビットコインを始めとした仮想通貨は変動相場制を採用しています。

つまりビットコイン×日本円(BTC/JPY)やビットコイン×米ドル(BTC/USD)のように相場が通貨ごとによって相場が変動します。

当然、ビットコインのFXというものも存在します。

そしてその変動相場制の反対に当たるのが固定相場制です。

固定相場制

固定相場制は逆に片方の通貨に対しての価値が完全に固定されている通貨です。

例えば日本円をEdyにチャージしたとします。

※正確にはEdyは通貨そのものではないのですが、ここでは説明のために使わせていただきます。

1,000円チャージしたら1,000円分のEdyが使用できますよね。

つまり1円=1円分のEdyになる訳です。

これはドル円の相場が1ドル=100円だろうが120円だろうが変わりません。いつでも1円は1円です。

これはEdyが100%円に対する等価交換なので、例え対外的に円の価値が大幅に下落しても1円に対する価値は変わりません。

仮想通貨はいいとこ取り通貨?

先述したように仮想通貨は現存通貨と電子マネーの間みたいなものだと思っています。

  • 変動相場制を採用している通貨(現像通貨)
  • 目に見えない仮想の通貨(電子マネー)

それぞれの特徴を受け継いでいるかなーと。

ということは仮想通貨はハイブリット通貨と言えそうですね。

じゃあその仮想通貨っていいとこ取りじゃないの?というとまたそういえないのが事実です。

最懸念される信頼性

仮想通貨で最も懸念されるのは信頼性だと思います。

だって目に見えないんですから。

既に投資家として活動している、特にFXをやっている人は正直抵抗感少ないんじゃないかな?と思います。

だってドル円を売買しても自分の手元に米ドル札がやってくることなんてないですもんね、それと一緒です。

で、じゃあその目に見えない通貨をどうやって信頼するねん!ってところなんですが、まずは信頼できる取引所使うこと。

日本国内には様々な取引所がありますが、基本的にはbitFlyerCoincheckの2強ですね。

僕はメインで使用しているXMがビットコインに対応していますし、それよりちょっと前にGemForexというブローカーが一歩先に採用した時点でbitFlyerを開設し実際に使用しています。

ビットコイン取扱所bitFlyerの口座登録手順まとめ

更に最近Coincheckも開設しました。

この辺の使い勝手、比較もいずれ書いて行こうと思います。

仮想通貨詐欺に注意

信頼性で言えばもう一つ、仮想通貨は日々新しいサービスが生まれているような状況です。

だからこそ詐欺には注意するべきです。

これも先述した取引所を使用することで防ぐことができますが、その取引所を経由して別のサービスに送金した場合はまた別の話。

例えばビックカメラがビットコインの支払いに対応していますが、このビックカメラに当たる部分が詐欺を働こうとしている企業だったりという可能性も十分ある訳です。

もちろんこれは現存通貨でも同じ話なんですが、少なくとも目に見えずかつ新興通貨だからこそ複雑な話で詐欺を働こうとする輩は確実に存在します。

今やSNS時代、新しいサービスがリリースされればそのサービスについて瞬く間に拡散されます。

新しいサービスが登場した場合は、よく吟味し調べてから使用する事は投資家として当然求められるリテラシーです。

仮想通貨は投資銘柄として有りか

本題です。

要は仮想通貨そのものが投資対象と成り得るか。

僕は成り得ると思いますし当然そうなると考えています。

ただし当然のことながら存在するリスクはドルや円、ユーロのようなキーカレンシーに対する投資に対して大きいと思っています。

簡単に言えばハイリスクハイリターンの銘柄だということですね。

ボラティリティが大きい

ハイリスクでハイリターンな銘柄の特徴ですが、ボラティリティが非常に大きいです。

FXで言えば対ポンドのようなものだと思って頂ければわかりやすいでしょうか・・・笑。

ビットコイン自体は仮想通貨自体の中では最も流動性があるのですが、それでも1日数%変動します。

更にビットコイン以外のマイナー通貨になると1日で10%近く変動することも。

ボラが大きいと当然儲かる可能性も損失を生む可能性も秘めていますが、仮想通貨そのものが今後更に拡大する可能性が高いことを考慮するとハイレバレッジで資産を一気に入れるよりもドルコスト平均法を意識して少額ずつ買い貯めていくようなイメージがいいんじゃないかなと個人的には思っています。

もちろん、ハイレバ投資でも運良く底を取って10%変動で利益確定できれば莫大な利益を生むこともできます。

ノイズが多い

これの先述したボラティリティに入る部分ですが、現存通貨であるように同じく要人発言なんかの外的要員で大きなノイズがあったりします。

仮想通貨においてはまだまだ未発達な部分が多く、例えばビットコイン×日本円(BTC/JPY)で見ると仮想通貨に対する法の成立や取引に対して非課税になったタイミングで、日本円に対して数千円の変動を見せています。

他にもビットコインの分裂騒動時等々で大きな変動を見せる事があり、決して低ノイズだとは言えないでしょう。

億った方が多いのも事実

ここまで信頼性やボラ、ノイズとマイナスなことばかりあげてしまいましたが俗にいう億った方々が多くいるのも事実です。

事実僕の投資家仲間だけで3人億り人になりましたし・・・笑。

この辺は正直運が必要な世界です。

僕も正直仮想通貨がここまで短期間で存在感を見せるものになるとは思っていませんでした。

少量ビットコインを持っていたんですが、当初からの純利益は100万円もありません。

彼らはビットコインが低価格の時代からドルコスト平均法を意識し少量ずつ買い増しして行って億ったパターンですね。

感覚的にはブラジルレアルのような新興通貨に投資しているのと大差ないイメージですが、これから本格的にIoT時代を迎えインターネットの重要性はますます高くなります、それは間違いありません。

インターネットの重要性が向上するという事はインターネット上のみで成立する仮想通貨決済というのは本当に相性がいいものです。

クレジットカードのように個人情報を入力する必要もないし、銀行送金のように銀行のシステムによる時間制限もありません。

だから仮想通貨による決済はこれからどんどん増えていくにつれて、仮想通貨を利用したサービスも増加していくのは当然だと思います(というか裏取が一切ない個人の感想ですが、これだけ普及し始めて今更やっぱビットコインはダメだなってなる可能性は全く想像できません)。

まとめ

まだまだビットコインは創成期の段階、これからどうなるかなんて誰にもわかりません。

しかしその存在感が日に日に増しているのは紛れもない事実。

正しく意識して長期的目線で運用すれば相当な利益を期待できるとは思っていますが、仮想通貨市場そのものが新興段階なので何をするにしてもしっかりと情報収集する事が求められます。

逆に情報収集ができない、しても理解できない、そういう方は仮想通貨に手を出すべきではありません。

仮想通貨は手段の一つ、目的ではありませんし仮想通貨が必ず儲かるという訳では決してありません。

その辺をしっかり吟味して情報の正確性を確かめた上で判断するスキルが求められる時代が来ているという事です。

開設だけならタダなので、まずはbitFlyerCoincheckと言った代表的な取引所を開設してみて、値動きを見て自分の投資スタイルに合うのか、通貨としての特徴はどうなのかと言う研究から始めて見ても良いと思います。