フランス パリで同時テロ フランス対ドイツ会場も標的に

いつもシェアして頂きありがとうございます!

バタクラン劇場

日本時間14日早朝、フランスの首都パリでコンサート会場やスタジアム、飲食店を対象とした同時多発テロが発生しました。

スポンサーリンク

バタクラン劇場では100人を超える死者

パリにあるバタクラン劇場ではコンサート中にテロリストが襲撃し、10分~15分にかけて銃を乱射したとの事です。

この場所での被害者数は少なくとも100人を超えるとの事で、今回最も被害が甚大な場所になってしまいました。

このバタクラン劇場は日本人アーティストも多くライブやコンサートを行う場所らしく、過去にはPerfumeやきゃりーぱみゅぱみゅ、ONE OK ROCKなんかも出演した事があるとの事。

この会場のキャパは1,500人程度で、日本で言えばなんばHatchや今は無きSHIBUYA AX規模のハコが被害にあった事になります。

恐らくほぼすべての人が純粋に音楽に触れて楽しんでいたまさにその瞬間だったであろう事。そんな若者の夢や希望と共に命を奪う卑劣な行動に出た事。

一人の楽器弾きとして、一人の人間としてとても許せません。

フランス代表対ドイツ代表親善試合会場近くもテロの標的に

フランス代表対ドイツ代表の親善試合が行われていたのはStade de France(スタッド・ドゥ・フランス)。

サッカーフランス代表のホームスタジアムで、日本で言えば国立競技場やさいたまスタジアム2002、横浜国際競技場のようなイメージでしょうか。

フランスワールドカップの決勝の舞台になった会場でもありますね。

こんな映像がありました。

フランス代表の左SB、パトリス・エヴラがボールを持ったところで巨大な破裂音。

欧州サッカーをよく見る人だとご存知だと思いますが、海外サッカーだとよく爆竹音なんかが聞こえます。つまり、サッカー選手はリーグによるでしょうが爆発音には慣れてる選手も多いんですね。

ところが映像を見てもらえばわかるように、ピッチ上の選手全員が明らかに一瞬動揺しています。つまりそれだけ大きな、明らかに普段聞くような爆竹程度の音では無い事が痛いぐらい伝わってきます。

その後のピッチ上に非難するサポーターの方達の様子からも、状況がまだ詳しくわからない現地の混乱と恐怖が分かります。

容疑者は8人死亡

執筆時点(13時55分現在)で速報が出ている限り、容疑者は8人死亡したとの事です。

ただし現時点で他の逃走者がいる可能性もあり、油断できない状況が続いていますね。

バタクラン劇場での人質となった方の話によると、テロリストは「神は偉大なり」と叫んで銃を乱射したとの事。

ISIL(イスラム国)によるテロ行為なのか

「神は偉大なり」というセリフからも、現在ISILによるテロ行為ではないかとの見方が広まっています。

以下個人的な予想です。

恐らくこれは先日のアメリカ主導の空爆によるジハーディ・ジョン死亡への報復ではないかと思っています。

本来はアメリカがターゲットになるはずですが、まずアメリカ自体へ入国するには空路を使わなければなりません。911以降更に厳格になったアメリカへの空路は、ISIL関係者だと分かると入国審査にパスできないでしょう。そうなると陸路でいける欧州圏が対象になってもなんら疑問はありません。

また、今は欧州が国によってではありますが大量の移民受け入れを行っています。フランスは消極的ではありますが少数ながら移民受け入れを実施していました。

フランス政府は難民の中にテロリストが紛れ入国してくるのではないかと言う懸念の元移民受け入れ反対の世論が強い状態でしたが、その中でテロ事件が現実として起こってしまいました(まだテロリストが難民としてやってきたかどうかは一切分かっておりませんが)。

またフランスは9月にこれまでイラクのみへ実施していた空爆をシリアにも拡大しています。これにより、標的の対象として上位にリストアップされた可能性は否定できません。

もし上記の仮説がその通りだとすると、これはフランスのみならず欧州各国、そして恐らくISILにとって最大の敵であるアメリカ、最終的には世界各国へ飛び火する事が十分懸念されます。

最悪のシナリオは第三次世界大戦

今現時点では国家vsISILという情勢がここ数年続いています。

しかし、第二次世界大戦がドイツによるポーランドへの宣戦布告が引き金であったように、一国家だけの問題ではすまなくなるのが戦争という物です。同盟国への賛同は新たな標的対象となる可能性もあります。日本もISILにテロの標的だと公に宣言されていますしね。

今後最悪のシナリオは、これが第三次世界大戦への引き金になる事です。

日本は空爆等の行為に参加してはいませんが、物資支援等で間接的ではありますが一切関わらないという事は難しいでしょう。

アメリカを始めとする国家側は今ただえさえ空爆を繰り返しています。明示的な反撃があった場合、屈する事無く続けるでしょう。もはや戦争以外の何物でもありません。

というより、今現時点で誰かが「これは第三次世界大戦だ!」と宣言していないだけであって、既に戦争へ発展しているのかもしれません。現に空爆を行い、その空爆に対する報復を宣言したり行ったり、更にそこへ空爆を重ねたり。

やっている事は戦争となんら変わりありません。血を流して解決を試みたり主義主張を押し通そうとしているのですから。

Pray For Paris

何にしても、事件の全容解明と早期解決が望まれます。

これ以上無関係の一般市民の血が流れる事など決してあってはなりません。

今回被害に合われた方の心からのご冥福と、お怪我をなさった方の1日でも早いご回復を心よりお祈り申し上げます。

▶ Pray For Paris とはどういう意味?

コメント