賃貸物件探しで活躍する魔法の言葉3選

役に立ったらお友達にも教えてあげて下さい!

賃貸選び

超個人的な話で申し訳ないんですが、今引越し先を探しているところです。

というのも今の家に住み始めて約2年半。

どうもこの家に住み始めてから良くない事が起こりまくってるんで、心機一転と言うか気持ちを新たにする為に引っ越しじゃー!となった訳です。

そんな中、物件探しで中々希望を伝えるのがめんどくさい方も多いハズ。

そんな時に活躍する魔法の言葉を幾つかあげてみます。

スポンサーリンク

賃貸物件に何を求めるのか

賃貸物件って星の数ほどありますよね。

人によって色々判断基準があると思います。

  • 職場まで30分圏内が良い
  • 多少離れていても静かな街が良い
  • 治安は絶対に譲れない!

細かい条件を上げればキリが無いですが、まず大体の方が住むおおよそのエリアを絞ると思います。

で、その後細かく風呂トイレ別が良いとかそういう条件で絞ると思うんですね。

多少高くてもグレードが高い物件に住みたい時

ここからはある程度その条件を絞った上で不動産屋さんに伝えるキーワードです。

もちろん予算無制限で・・・なんて人は少ないと思いますが、場合によっては案外安価で見つかる事もあるので最大限自分の希望を伝えて、見つからなければ削っていく方式の方が満足度は高いんじゃないかなと個人的には思っています。

お風呂は1坪タイプで!

これはもう魔法中の魔法、ドラクエで言えばイオナズンクラスです。

このワードを伝えればもうその時点でほとんど築10年以内でしょう。

おまけにキッチンはシステムキッチン、多分マンションならオートロック付きでしょうしエアコン完備で独立洗面台に室内洗濯機置き場、トイレにはウォシュレット完備。

これで文句あるなら分譲賃貸でも買え!てなぐらい設備が整ってるハズです。

というのも1坪タイプ(大体畳2畳)のお風呂はそれこそ分譲賃貸や戸建てに多い浴室ユニットで、ぶっちゃけ賃貸住宅にはあんまりありません

僕は身長187cmと大柄なので、そもそも浴槽で足を伸ばす事自体を諦めています。

ただこの1坪タイプのお風呂はもちろん僕が足を伸ばせる訳じゃないですが非常にゆったり出来るサイズで、多分この1坪タイプに1度慣れてしまったら普通のお風呂じゃ満足出来ません

そのぐらい充実したお風呂周り、ここにだけ極端にお金をかけて後は安く済ませるオーナーさんもいないと思うので、お風呂が1坪タイプ=設備が超充実だと思って貰って間違い無いと思います。

独立洗面台は必須!

はい、これは中々のクラスです。

恐らくこれを選んだ時点で室内洗濯機置き場や2口コンロ、そこそこの広さの収納は確保されているでしょう。

この独立洗面台があるかないかで家賃もそこそこ違ってくるハズ。

1人暮らし向けの賃貸物件の中ではハイグレードに位置付けられる物件だと思います。

特に女性は毎朝化粧がありますし、独立洗面台があるかないかで大分生活の質も変わってくるかも知れませんね・・・。

逆にファミリー層向けの物件で洗面台が独立していない場合は要注意!

築年数が相当古いか、広さで言えばファミリー層向けだけど設備がしょぼい可能性大です。

なのでファミリー層向けの物件を探している方なら最低条件に組み込むだけである程度物件が絞れるのではないかなーと思います。

コンロは2口備え付けで!

これはちょっぴり威力足りないよね、てなワードです。

コンロ2口と言っても様々で、ガスはもちろん最近はIHもありますし上を見ればキリが無いぐらい物件数は出てくると思います。

でもまぁ備え付け2口と言っとけばとりあえず1口のショボイキッチンと、ガスコンロ自前の古い建物はとりあえずシャットアウト出来ます。

特に1口のショボイ1人暮らし向けキッチンはとても料理なんて出来るもんじゃありません。ご飯炊いておいて、1口コンロでお味噌汁でも作ってお惣菜をおかずに食べるぐらいなら十分ですがまともに料理をしようと思うと3日で出て行きたくなるレベルです。

僕も初めて東京へ出てきた時は職業柄防音の物件を最優先で探していて、住んだ家が1口コンロでした。できればもう2度と住みたくありません笑。

基本的には1口=料理をしない人向け、ぐらいに思っておいた方が良いでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

通常の賃貸物件には無いようなワードを上げれば当然レアリティが高いので物件も絞られてくる反面、家賃も高くなってきます。

1坪タイプのお風呂なんてのは正にそうで、日本人の体系が昔に比べ大きくなってきているというのも関係あるかも知れないですね。

賃貸選びは妥協点が多くなりがち。だからこそ自分が求める理想の物件をなるべく探せるように、不動産屋さんにも簡素なワードを伝える事で条件が絞れればそれに越した事はないですね。