XMがNetellerによる入出金の提供終了を発表

いつもシェアして頂きありがとうございます!

日本時間の10月20日直前にXMからのメールが配信されました。

恐らく既存ユーザーの方には全員メールが配信されていると思いますが、XMが正式にNetellerの取扱を中止、今後はクレジットカードと銀行入出金が中心となるようです。

スポンサーリンク

XMから配信されたメール

XMからのメール

重要なお知らせ

大切なお客様へ

平素より弊社をご利用頂きまして、誠に有難うございます。

この度、弊社におけるNetellerによるご入出金方法の提供が終了いたしましたことをご案内申し上げます。

これまでのNetellerによるご入金分のご出金をご希望の場合には、銀行口座へ海外送金にてご出金いただくことが可能です。

お客様には突然のご案内となり、ご不便をお掛けいたしますことを深くお詫び申し上げます。

ヘルプが必要ですか?

XMでは、英語、ギリシャ語、日本語、中国語、マレー語、インドネシア語、ハンガリー語、ロシア語、フランス語、スペイン語、イタリア語、ドイツ語、ポーランド語、ヒンディー語、 アラビア語、韓国語、ポルトガル語、チェコ語、スロヴァキア語、ブルガリア語、ルーマニア語、とオランダ語でのカスタマーサポートを提供しています。弊社のカスタマーサポートデスクは、月曜日から金曜日までの24時間対応しています。

よろしくお願いいたします。

XMチーム一同

以上のようなメールが配信されてきています。

Netellerの取扱中止

そもそも今回のNeteller取扱中止はNeteller自体が日本国内におけるNet+カードの取扱中止騒動に起因します。

8月11日付で突如Net+カードの一時停止その後10月に入りマイナンバー提供により今後も利用が出来るとの発表を行ったのですが、結局10月20日現時点で今後Net+カードがどうなるのか一切発表がありません。

更にXMによるXMカードの廃止等カードブランドがMastarCardのプリペイドカードは軒並み取扱を終了しています。

これを考えるとそもそもNeteller側の都合ではなく、MastarCard側の都合だと思います。

しかしながらNeteller自体もマイナンバーの提供を要求したりしている状態ですので、恐らく日本の金融庁辺りから海外の金融機関に向けて何かしらのアプローチがあったと考えるのが自然でしょう。

今年はパナマ文章問題やセブン銀行での不正クレジットカード大量出金等様々な金融事件があった影響だと推測されます。

XMからNeteller欄が消えています

XMの入金画面

10月20日午前1時半現在、XMからは既にNetellerのリンクが消えています。

今後はクレジットカード、銀行による入出金に限定されそうです。

例えばPayPal等何かしらの代替え案が出て来る可能性はありますが、現時点ではクレジットカード/銀行だけだと思っておいた方が良いでしょう。

Netellerからの過去の入金分について

海外FXの常識ですが、マネーロンダリング防止の為にクレジットカードからの入金分はクレジットカードへ、Netellerからの入金分はNetellerへの出金をすると言う大原則があります。

しかしながら今回Netellerからの入出金両方を完全に停止した為、今までNetellerから入金した分は銀行への出金という形に変更になります。

なので出金出来ない!?と言う事は一切ありませんので、引き続き出金をされたい方は銀行出金を選択しましょう。

Netellerの今後

Neteller自体は今後も日本国内在住者へ向けてサービスの提供をすると謳っていますが、少なくともオンラインカジノへの送金を完全に停止すると宣言して以降ユーザーになんの情報も無い状態が続いています。

その為正直今後どのような流れになるかは一切不明です。

少なくともNet+カードに関しては恐らく廃止という流れで間違い無いとは思います。

ユーザーにとってはむしろメリット?

ユーザーにとっては間にNetellerを挟む必要が無い分、むしろメリットとも言えます。そもそもクレジットカードや銀行による入金を行っていた方にはあまり関係ないですが笑。

Netellerを挟む事により無駄に手数料も発生していましたし、その手数料が完全に無くなったと考えれば特段の問題ではないのかなと。

クレジットカード入金希望の方はUFJ口座も有り

ちなみにXMはじめ海外のFX口座では使えないクレジットカードが多いですが、基本的に僕は入金する際三菱東京UFJ銀行のデビットカードを利用しています。

楽天銀行デビットカードは利用不可ですが、三菱東京UFJ銀行デビットカードは利用可能なのでもしクレジットカードをお持ちではない方はそちらを開設してみると良いと思います。