複数のFX口座でリスク分散しないのは愚か者です

役に立ったらお友達にも教えてあげて下さい!

チャート

突然ですが皆様FXの口座はいくつ開設していますか?

僕は全部で2つの国内口座と3つの海外口座を開設しています。

何故そんなに口座を開設しているのかと良く聞かれるので、その理由をご説明します。

スポンサーリンク

複数の口座を持つ理由

兼業トレーダーならまだしも、専業トレーダーに関しては機会損失と言うのは要因として最も避けねばならない物の1つです。

要因にも色々ありますが確実に回避できる物が外的要因、取り分け口座側の事情です。

ある程度の期間トレードを行っている方には1度や2度経験があると思います。

個人的に最も腹立たしく悔しくもあるサーバートラブル

今や株やFXが証券窓口や電話ではなくネット回線を通じて個人が直接注文を出す時代です。当然サーバートラブルは想定し得る事態ですし、だからこそ避けねばならない事態です。

僕はいつ特定の口座でサーバーエラーが原因でレート配信されない、エントリーや決済注文が受諾されないという事態に陥っても他の口座でトレード出来るように対策を取っています。

つまりリスク分散ですね。

では何故リスク分散する必要があるのでしょう。

FXでリスク分散が必要な理由

FXにリスク分散が必要と先述しましたが、個人的にはFXトレードをしているのにリスク分散をしないと言う事は究極に愚かな行為だと思っています。

リスク分散すべき理由は以下の2つです。

  • サーバートラブル
  • 急激な相場変動

サーバートラブルに関しては先述した通りです。

トレード機会の損失を避ける為ですね。

急激な相場変動に備える必要性とは

直近で一瞬にして大きな変動があったのはチャイナショックやスイスフランショックでしょうか。

有名所で言えばリーマンショックやサブプライムローン問題もこれに該当するでしょう。

またイギリスのEU離脱国民投票やアメリカ大統領選も○○ショックに比べればまだ緩やかではありますが、十分急激な相場変動の発端と言えます。

こういう大きな変化は稼げる可能性がある反面、同じく損失を生む可能性も秘めています。

当然皆さんエントリー時にはストップをいれていると思います。

ですが仮に例えばサーバーエラーでレート配信されていない間に急激に相場が変動し、レート配信が再開されたらどうでしょう?

当然レート配信が再開された場所でストップに掛かります。

-100pipsに設定していたはずがレート配信されたタイミングが-500pipsのタイミングであれば、400pips余分に損失する可能性があるのです。

もちろん、証拠金自体が例えば2000pips逆行まで余裕がある!って場合はまだ良いんです。再度トレードで損失を埋めれば良いんですから。

問題は逆行した場所で決済された場合ロスカットされてしまうという事態

例えば1つの口座にトレード資金全額を入金していた場合どうなるでしょう。それはもう致命傷です。同じ枚数(Lot数)では当然再エントリー出来ないでしょうし、多くの場合はそこから挽回するのは至難の業です。

これが口座を複数に分ける最大の理由です。

もし資金を分けていた場合、仮に1つの口座がロスカット水準まで達して損失を被っても違う口座に資金を分散させてあれば致命傷にならずに済みます。

良く急激な相場変動で資金の大半を失った等とネット上で見ますが、もしそれが本当であれば自分のお金を使って利益を生み出そうとしているのにその程度のリスク分散をしていないのは、僕から言わせればただの愚かな行為だとしか思えません。

皆さんは絶対にそういう愚かな事態にならないで下さい。

僕が開設している口座

僕は普段から国内口座をスイング用に、海外口座をデイトレード用に主に使用しています。

レバレッジや資金の割合からそのようになっているのですが、海外口座でスイングトレードをしている方もいれば国内口座でデイトレードをしている方ももちろんいらっしゃるでしょう。それ自体にはなんの問題もありません。

トレードスタイルは人それぞれですし、どちらの口座が向いているのか等ありませんからね。

ただしスキャルピングに関しては100%国内口座の方が良いと思っています。理由は当然スプレッドですね。

以下に僕が開設している口座とその使用方法を解説して行きます。

もちろんFXの口座というのは開設自体は無料ですしとりあえず幾つか開設しておいて損は無いと思います。

国内口座

国内口座は2つ開設しています。

主にスイングトレード用ですが、日本国内の口座だけあってニュース配信の速さや正確性、また日本人の痒いところに手が届く様々な便利機能があります。

ニュース配信目的にだけ開設してトレード自体はしないという人もいるようですね。

DMM.com証券

まずは国内のFX証券会社と言えばメディア露出等で一般的な認知度が最も高いであろうDMM.com証券です。

DMM.com証券については詳細なレビューを記事にしたので良ければご覧下さい。

▶ FX口座を開設するならDMM.com証券がオススメ!

楽天証券

楽天証券も楽天グループなので投資実績に応じて楽天ポイントが貯まるとても使い勝手の良い証券会社ですね。

何よりツールが使いやすい!

PC版はもちろんスマートフォン版のアプリの操作も直感的で分かりやすく頻繁にアップデートで機能追加をしてくれるので僕の中でどんどん必須の口座になっています。

個人的にはスマートフォン版の指定レートに達したらアラーム通知してくれる機能を多様しています。

もちろん他の証券会社やトレードソフト、フリーアプリなんかにも同様の物はあるのですが色々試したところ楽天証券のアプリが一番早く正確でした。

それだけでも開設価値のある口座だと言えます。

海外口座

海外口座は全部で3つ開設しています。

こちらは主にデイトレード用として使っています。

XM

XMは下記の記事でも色々記載させてもらいました。

▶ XMってどうなの?FXで1万円を100万円にしてみました!

▶ XMで1000万、最高2000万の利益を叩き出しました!

事実上僕のメイン口座となっています。

様々な点から非常に優秀で日本人のユーザーも多く対応の透明性も高いところから安心して使える口座の1つです。

Axiory

Axioryも非常に口座のスペックが高く、日本人でも安心して利用できる口座だと思います。

▶ レバレッジ規制無し!?海外FXならAxioryを必ず開設しておきたい理由

上記記事内に詳しく記載していますが、大きな利益を見込める場面でレバレッジに規制が掛からない点は非常に優秀であり絶対に開設しておきたい口座だと思います。

GemForex

GemForex

GemForex最大の売りは隔週で実施される100%ボーナスですね。

▶ 海外FXハイレバの2強、XMとGemForexを徹底比較!

最近ではPayPalやbitcoinの導入等、新しい事にフットワーク軽くチャレンジしている口座です。

100%ボーナスをこんなに実施している口座は他にありません。

更に先日、恐るべきことに過去類を見ない200%ボーナスなんてのも実施していました笑。

一発大きな利益を見込むには是非開設して起きたい口座です!

まとめ

何度も言いますが、投資と言うより投機に近い為替トレードに置いてリスク分散を実施しないと言うのは最も愚かな行為だと思っています。

数円や十数円単位の変動が無いとは絶対に言えませんし実際に過去あった事ですからね。

もちろんそれで大儲け出来る可能性だってありますがそう上手く行かないのが世の常です笑。

皆さんも自分の資産を確実に守るために、必ずリスク分散を実施して下さい。

FXでずっと勝ち続ける等不可能です、必ず損切りをしたり時には少しトレードを休まなければならない期間というのが必ずあります。

そういった時に損切りする暇も無くあっけなくロスカットされ資金の大半を失ったり、トレードを休んで復帰してもトレードする資金が底をつきかけている等という事態に絶対にならないようにして下さい。