FXで失敗する人、向いていない人、やってはいけない人

いつもシェアして頂きありがとうございます!

no-fx

この記事を読まれている方の中には既にFXでトレードしている人も、これからの投資としてFXを始めようとしている方もいらっしゃると思います。

そこで今日はFXで失敗する人や向いていない人、そもそもやってはいけない人を主にメンタル的な面からお話したいと思います。

スポンサーリンク

そもそもFXは投資なのか

投資には色々種類があって、例えば一番メジャーなのは株取引でしょうか。

その他にも不動産やちょっと下火感がある太陽光エネルギーやらもありますし、利回りは株やFXに比べ遥かに落ちますが外資預金や銀行への定期預金なんかも該当しますね。

まぁ定期預金を投資と位置付ける方はほとんどいらっしゃらないと思いますが・・・笑。

他にも原油や金銀、コーヒーみたいな商品から国債のような物もあります。

で、そもそもFXって投資なの?という疑問を持つ方もいらっしゃると思います。

これは結構難しくて、その人の資金力とどの程度のリスクを許容して行うかによって変わってくると思います。

投資に該当するFX

そもそも投資というのは様々な指標や市場マインド等を加味して将来的に成長するだろうと考える分野に自分の資金を注入する行為です。

例えば先日トランプ次期大統領が劇的な勝利を収めたアメリカ大統領選ですが、トランプ氏の当選確定後行った演説がそれまでの演説と全く異なり非常に好感が持てた事や、その後の経済政策等に期待が集まりました。

という事はアメリカの経済が成長し、今後アメリカの価値が高まる。

対円で見た場合、円よりもドルの価値が高くなると見てドルを買い円を売る動きが加速すると予想しドル買いをする。

これが基本的なFXの投資の流れです。

僕は本来FX含め投資は中長期的なスタンスで取り組むべくものだと思っていて、通算の値動きは数ヶ月や半年、1年スパンで考えるものだと思っています。

そうやって長期的なスパンで考えれば、自分が予測する方向とは一旦逆に触れる可能性も十分考慮しなければいけません。

例えばアベノミクス相場でドル円は昨年120円以上になりましたが、イギリスのEU離脱や原油価格の下落、それにアメリカ大統領選の先行き不安等々で今年は一時100円を割る事態になりました。

しかしこの記事執筆時は114円台と、アベノミクス始まりのドル円相場から考えるとまだ円安です。

もちろん大半の投資家は120円近辺で利益確定をしていると思いますが、このまま円安が進行し昨年付けたドル円高値を上抜けるようであれば今年1年の相場そのものがアベノミクス相場におけるノイズだったと捉える事もできます。

つまり高値から20円以上の円相場急騰でもなんともないレバレッジ(掛け率と考えてください)で投資をしていればアベノミクス相場当初からポジションを持っている方はまだまだ利益がある状態なんですね。

こういう、余裕を持った資金運用を投資というと僕は考えています。

投資に該当しないFX

では逆に投資に該当しないFXというのはどのようなものでしょう。

これは正に僕自身のトレードがそうだと思っています。

僕はこの1年間で、1万円を100万円に、そして30万円を最高2,000万円まで増やしました。

▶ XMってどうなの?FXで1万円を100万円にしてみました!

▶ XMで1000万、最高2000万の利益を叩き出しました!

僕はこれをただのラッキーだと思っています。

よくこの記事を見て頂いた方から「すごい!」とか「参考にさせてください!」等メールやコメント、twitterでのリプライを頂くのですが、謙遜でもなんでもなくただの偶然です。

ただ一方通行で相場が動いたからそうなっただけで、基本的に相場に一方通行など滅多にありません。

そして僕は僕自身のトレードそのものが投資ではなくただのギャンブルだと思っています。

FXをやってはいけない人

ここまで言えばもう皆さんお分かりかと思いますが、FXをやってはいけない人というのは正に僕のようにギャンブル的なトレードをする人間の事です。

ギャンブルっていうのは非常に怖いもので、やはり資金が10倍や100倍と伸びれば興奮もしますし時には自分の才能に自惚れる事もあります。

僕の場合は本当にたまたまラッキーで「もうトレードやめておこう、これ以上やったら絶対に損するわ・・・」と自制できたから生き残っているだけです。

よくニコ生等でFXのハイレバ放送をやって毎度資金を飛ばしているような方を見かけますが、本来ああいうトレードをされる方は絶対にFXをやってはいけない人です。

よく考えて下さい。

例えば値幅があって投資家にも人気のポンド円。

ポンド円は僕のメイン取り扱い通貨ですが、ポンド円は今年70円程度の値幅があります。

そんなポンド円に対して高々50銭や1円逆行しただけで資産を吹っ飛ばすようなトレード手法で通常生き残れる訳ないんです。

もし生き残っていたとしたらそれはFXが上手かったからじゃなくて、ただ単に運が良かっただけです。

だったらLot数を下げれば良いのに、それでも1回のトレード利益を増やしたいからとハイレバでエントリーをする。

そんなんじゃいつまでたっても資金が増えるどころか再起できないぐらい資金失って終わるのが目に見えています。

ストップ(逆指値)注文を入れない人

これはFXに関しては自殺行為です。

例えば100pips逆行で損切り等、そもそもエントリー段階で入れておくものです。

ストップ幅は人によって、また通貨ペアやLot数等によって変えるものですがストップ注文はエントリー時に入れる事を徹底できない人はよっぽど運が良くない限りまず間違いなく退場します。

そもそも極論を言ってしまえば、自分がエントリーした段階から1pipsでも逆行したらもうそのエントリーは失敗なんです。

もちろんそんなドンピシャで毎回エントリーを正確にやれる人間なんていません。

だからこそストップは例えそこで損切りする事になっても自己資金に対して影響がない程度に設定すべきなのです。

ストップ注文をずらす人

これは本当に「だったらなんで最初そこにストップ入れたんだよ」と思ってしまうんですが人間の性なんでしょうかね・・・。

エントリー時に入れたストップを「狩られちゃう」とか「もしかしたらストップの位置付近で反転するかも・・・」なんて根拠の無い妄想でストップをずらしちゃう。

もう本当にアホかと。

ストップをずらしていい時は含み益が出ていてトレールする(逆行しても最低限利益を得られるところに決済注文をずらす)時だけです。

1回でもこれをやった人はもうちゃんと意識を切り替えられるまで即座に出金してしばらくトレードをやめるべきです。

これは最も愚かな行為の一つだと思っています。

資金を取り戻そうと損切り後即エントリーする人

いわゆるドテンというやつですが、値動きを見て適切かつ冷静に反対方向に注文を入れるならまぁまだいいでしょう。

問題はもう取り返しつがつかないぐらいの含み損を抱えた状態で損切りし即座にドテンするような行為。

そんな精神状態からエントリーしたってうまく行く訳ありません。

仮に上手くいったとしてもそれはただのマグレで、いつか失敗します。

そもそもそんな精神状態になるようなエントリーポジションを持った一番最初から間違えているんです。

だからもし仮に取り返しがつかないぐらいの含み益を抱え損切りした後に取る行動はたった一つ、頭を冷やしてエントリーしない事です。

そもそもストップを入れていなかった自分が悪いんですから、それを相場のせいにしてイライラした状態からエントリーなんて言語道断だと思っています。

感情に任せたトレードをする人

先述したドテントレードにも共通しますが、そもそもFXを感情的に行う人はいますぐFXをやめた方が良いでしょう。

もちろん大金が利益として出せれば興奮しますし今度はその利益分も合わせて複利を取ろうとする気持ちもわかります。

エントリーと逆行して損失を生めばイライラもするでしょうし後悔もするでしょう。

それは人間だから当然であって、それを完全に封じ込めろなんて到底無理な話です。

ただ、実際にエントリーする時や決済する時は冷静でいなければなりません。

自分の感情を殺して機械のように行えなければいつか自分の思い込みで失敗する事になります。

FXをやっちゃいけない人からやってもいい人になろう

ではこういう人は一生FXをやっちゃいけないのかというと決してそんな事はありません。

ここまで上げてきた事って、実は幾つかルールを決めて守るだけで全部防げる事なんです。

そのルールも至って簡単です。

  • 余裕を持って資金管理をしトレードする
  • 必ずストップ注文を入れる
  • ストップは利益確定方向以外へ決してずらさない
  • 決裁後しばらくはエントリーしない

たったこれだけです。

これだけを守れば、少なくとも無茶苦茶なトレードはしないはずです。

4番目の決裁後しばらくエントリーしない、は損切りはもちろん利益確定後も同様です。

そもそも「FXって損するんでしょ?」ってイメージだけで語られているFXに触れた事が無い方のイメージするトレーダーって、もれなくこれができていないだけの人です。

リーマンショックで数千万失ったとかサブプライムローンの時全財産を失ったとか、そういう世間のFX=怖いというイメージはこれが出来ていなかった人から生まれた物だと思っています。

逆に言えば上記の4つをきちんと守れて適切にリスクヘッジしている方はきちんと資産運用としてFXに取り組めています。

リスクヘッジについては下記の記事も参照して頂ければと思います。

▶ 複数のFX口座でリスク分散しないのは愚か者です

まとめ

FXはその気になれば一分もあれば全財産を無くせます。

だってやってる事は競馬やカジノで特定の銘柄に全財産賭ける!みたいな愚かな行為ですから。

そうではなくて、きちんとリスクを理解し自分にあった適切な資金管理と精神面のコントロールさえしていればこんなにチャンスが多い投資はありません。

市場は土日を除く24時間常に動いているんですから。

だからFXは怖いとだけの認識できちんと内容を理解せず敬遠している人や、逆に「俺なら大丈夫」等と根拠の無い自信で向かっている人は本当に損していると思います。

今の時代口座を選べば数百円からFXをやれるんですから、皆さんは財産を無くすなんて事態には決してならずに初心者の方であればデモ口座や数百円から。

既にトレードをして損失を生んでしまっている方はLot数を下げたり一旦頭を冷やす機会を作ったりして決して損しないようにして下さいね。

※一応参考までに、僕は基本的に国内口座でトレードをしていて先述した記事のハイレバトレードは完全にギャンブルだと思って”無くなっても良い完全余剰資金”でやっています。

なので「お前に言われたくねーよ」と思う方もいらっしゃるかも知れませんが、本当に損をしない為にここは一旦振り上げた拳を下ろして頂けると嬉しいです・・・笑。

コメント

  1. しまだ より:

    加えて飛ばしてもいいお金がたくさんある人。カジノ代わりに遊んでも良いと思う。