ビットコイン取扱所bitFlyerの口座登録手順まとめ

いつもシェアして頂きありがとうございます!

bitFlyer

1個前の記事でお伝えしたGemForexのビットコイン対応。

▶ GemForexがPaypalとビットコインの入金を採用・・・今後の主流へ?

今後の海外FXにおけるビットコインの取扱が増えるであろう事、そして先日公共料金の支払いにビットコインを受付始めるという会社が現れ、日本国内での決済も少しずつ普及していくであろうこと

この辺を加味して、今まで見るだけ状態だったビットコインの口座を開設する事にしました。

選んだ会社は日本国内No.1の取引量を誇るbitFlyer。

今回はこの口座開設方法をまとめていきます!

スポンサーリンク

bitFlyerとは?

bitFlyerは日本国内の企業で、株式会社bitFlyerが運営しているビットコイン取引所です。

2016年7月に発表された仮想通貨取引所ビジネスの市場規模調査で国内No.1の取引量を誇り、リクルートやUFJ、SBIのグループ企業が株主として存在しているとても規模の大きい会社ですね。

大手の企業が株式出資をしているというユーザーとしての安心感は非常に大きなものです。

ビットコイン自体は2009年から始まっているとはいえ正直まだまだ整備が完全にされてるとは言い辛い(少なくとも日本国内に関して)ですし、新興サービスに対しての投資を出資各社が行ってるとはいえ衰退した場合の撤退は当然企業なので早いものです。

そういう意味では今後多分無いとは思いますが万が一ビットコインそのものが普及しきれなかった場合、資金力が無い取引所から徐々に閉鎖に追い込まれる事でしょう。

そういう観点からはあくまで個人的な感想ですが、今日本で一番安全なビットコイン取引所だと思います。

bitFlyer口座開設方法

それでは実際にbitFlyerの口座を開設して行きましょう。

もちろん口座開設、口座維持に手数料等の費用は一切掛かりません。口座を開設して持っているだけの状態でお金がかかる事はありませんのでご安心下さい!

まずはbitFlyerのWebサイトのアクセスします。

ビットフライヤー

次に、アカウントの作成方法を選択します。

bitFlyer口座開設1

2016年10月25日時点でアカウントは以下の方法から作成出来ます。

  • メールアドレス
  • Facebookアカウント
  • Yahoo!Japan ID
  • Googleアカウント

今回はGoogleアカウントを選択しました。

すると「Googleアカウント使っても良いの?」という許可を求める画面になりますので、許可をクリックします。

bitFlyer口座開設2

登録はたったこれだけで完了です、クリック数にしてわずか2回!凄く手軽で良いですね。

登録完了後、規約をポップアップで表示してくれます。僕もそうですがビットコイン自体が初めてなので、一度良く読まれる事をオススメします!

bitFlyer口座開設2

規約を読んで問題なさそうであればチェックを入れ、bitFlyerを始めるをクリックします。

口座開設自体はこれにて終了ですが、続いて本人情報の登録も一緒にやっちゃいたいと思います。後々でももちろん可能ですが、先延ばしにするとめんどくさいですからね・・・笑。

アカウントクラスについて

bitFlyerには登録状況によってアカウントクラスと言うそのアカウントで何が出来るか、と言うレベルが設定されています。

詳しくは公式Webサイトのアカウントクラスについてのページをご覧下さい。

▶ アカウントクラス【bitFlyer】

なお、以下の各種情報の登録を全てやって頂ければ通常の最高レベルであるビジネスクラスになります。(最高クラスはファーストクラスですが、ビジネスクラスにある1日の取引上限等が無制限になるだけのようです。1日に500万円以上の取引をする方はそういらっしゃらないと思うのでビジネスクラスで十分です。)

各種情報の登録

ここでは本人情報(個人情報)の登録、入出金に利用する銀行口座の登録、最後に本人確認書類の提出をまとめて行います。

写真の用意も含めて10分程度で終わると思いますので、まとめてちゃちゃっとやっちゃいましょう!

本人情報登録

先程の画面から進むと再度ポップアップで以下の画面が表示されます。

bitFlyer本人情報1

どうやらクレジットカードでビットコインを購入できるようにするには本人情報の登録が必要な模様。そりゃそうですよね、どんなFXブローカーの口座も大体そうですもんね。

という事で本人情報を登録して行きたいと思います。

以下の画面が表示されると思いますので、それぞれ入力していきます。

bitFlyer本人情報2

必要な項目は上から順に

  • 氏名
  • 性別
  • 生年月日
  • 住所
  • 電話番号

となっております。

この後免許証等での本人確認がありますが、間違って入力してしまうと確認に時間がかかりますので間違えずに登録しましょう。

※bitFlyerは日本の企業なのでもちろん全て日本語でOKです!

確認するをクリックすると入力内容を確認出来ますので、間違いがあった場合は修正して下さい。

bitFlyer本人情報3

登録するをクリックすると、本人情報の登録が完了します。

続いて入出金の為の口座登録を行います。

口座登録

先程の画面で登録するをクリックすると以下のポップアップが表示されるので、そのまま銀行口座登録に進みましょう。

bitFlyer銀行登録1

すると以下のように銀行を選択する画面になります。

ご自身でお持ちの通帳やキャッシュカードをご用意の上、お手持ちの金融機関を選択して下さい。僕は三菱東京UFJ銀行を持っていますので、三菱東京UFJ銀行を例に進みます。

bitFlyer銀行登録2

まず銀行名を選択しますが、①に表示されている口座がある方は一覧から、地方銀行等の方は②から銀行名の頭文字を選択肢、銀行名のプルダウンより銀行を選択して下さい。

同様に②から支店名の頭文字をクリックし、③で支店名を選択して下さい。

その後④の口座番号入力、⑤の口座名義を必ずカタカナで入力して下さい。

なおあまりいらっしゃらないとは思いますが普通口座ではなく当座口座の場合は必ず当座を選択して下さい。

最後に確認するをクリックします。

bitFlyer銀行登録2

口座の情報に誤りが無いか表示されますので、再度確認し登録するをクリックします。

本人確認書類の提出

続いて本人確認書類の提出を行います。これはFX口座も同様ですが、これをやらないと全サービスが利用できませんので忘れずに必ず行いましょう!

bitFlyer本人確認書類1

提出出来る本人確認書類は以下の通りです。

  • 免許証(表面と裏面)
  • パスポート(顔写真入りページと住所記載ページ)
  • 外国人登録証明書(表面と裏面)
  • マイナンバーカード(表面のみ)

上記のうち1点と、上記の書類と自分が一緒に写っている写真1枚が必要になります。

パソコンやスマートフォンのカメラで書類を持っている自分を撮影しておきましょう!

なおこの方法はGemForexやNeteller等でも採用されていますが、手元の本人確認書類が見辛くて再送しろと言われる事が結構あります。

なるべく明るく鮮明に撮影しましょう!

なおマイナンバーカードに関しては裏面の撮影は必要ありません。代わりに③にもう一度マイナンバーカードの表面をアップロードする必要がありますので注意して下さい。(なのでどの書類を選んでもアップロードする画像は計3枚になります。)

bitFlyer本人確認書類2

上から1枚ずつアップロードしていきます。

右側に書類のサンプルがありますので、このように鮮明に映るように注意しましょう。

なお対応している画像形式はPNGもしくはJPGで4MB以内となりますので注意して下さい。

アップロードが完了すると、以下のように一文が表示されます。

bitFlyer本人確認書類3

これで登録作業は全て終了となります、お疲れ様でした!

配信メールの確認

上記の手順を全て終えると3通のメールが配信されてきますので、念の為確認しておいて下さい。

bitFlyerアカウント登録完了メール

bitFlyerのアカウント登録が完了した事を報告してくれるメールです。

このメールにはログインに必要な初期パスワードが記載されていますので必ず確認し、必要であれば保存しておいて下さい。

なお、パスワードはメール記載のURLから変更が行えますので合わせて変更しておきましょう!

bitFlyerログイン確認メール

bitFlyerにログインした事を通知するメールです。

仮想とは言え通貨には変わりありませんし銀行と同等のセキュリティが求められるサービスなので、こういうログイン通知は嬉しいですね。

bitFlyer銀行情報登録完了メール

bitFlyerで銀行口座情報の登録が完了した事を通知したメールです。

なお、銀行の正式な確認については数営業日かかると思いますので注意して下さい(その旨メールにも記載してあります。)

アカウントレベルアップグレードのお知らせメール

上記の登録を全て終わらせた後、早ければ数時間~1営業日程度で恐らく2つメールが配信されます。

まず1通目はアカウントレベルがエグゼクティブ・エコノミークラスにアップグレードされたとの内容。

これは本人情報の登録と本人確認書類の提出が完了し、bitFlyer側で承認されたタイミングでアップグレードされます。

更に今度はアカウントレベルがビジネスクラスにアップグレードされたと言う内容のメールが配信されます。

これは上記の本人情報登録、本人確認書類の提出にプラスして銀行情報の登録がbitFlyer側で承認されたタイミングでアップグレードされます。

僕の場合は1通目が口座開設から3時間程度、2通目が翌営業日の10時前には配信されました。

まとめ

ビットコインは様々な取引所があり、日本国内の会社だけではなく世界中の会社が取引所を開設しています。

もちろん日本人なら日本国内の口座のほうがスムーズですし、困った時も日本語でのサポートを受けられる点は非常に安心できますよね。

また出金やビットコインの購入は必ず全ての登録を終える必要があります。後々に伸ばしてしまうとめんどくさいので、一番最初にまとめてやってしまいましょう!

近々bitFlyerの使い方をまとめていきたいと思います!

ビットフライヤー