現役サポートミュージシャンの副業を公開します!

役に立ったらお友達にも教えてあげて下さい!

サウンドホール

ミュージシャンって世間のイメージ的に結構普段何やってるんだろう?って思われる事が多い職業ですよね。

実際色々音楽以外の事お会いする方には「普段何やってんの?」と聞かれる事が非常に多いです。

もちろん人にもよりますが、今日は僕が普段何をやっているかをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

スタジオミュージシャンのお仕事

まずそもそもとして僕は本業をスタジオミュージシャンとして生計を立てています。

スタジオミュージシャンの主な仕事はライブだったりレコーディングだったりをされるアーティストさんの中で、バンド形式で無くかつ生音を必要とされる方。主にシンガーソングライターとかアイドルなんかに多いパターンですね。

最近は例えば中田ヤスタカさんがプロデュースするきゃりーぱみゅぱみゅのようにリリース楽曲も打ち込みだけで完結するようなアーティストも非常に多いですが、ライブではカラオケ音源を流しているけどレコーディングは生楽器と言う形態ももちろん多いです。

で、僕らスタジオミュージシャンはそういう方やそういうアーティストを抱える事務所なんかからお仕事の依頼を貰って実際に演奏をしてギャラを頂いている訳ですね。

これは公式(事務所間同士)のものもあれば、個人レベル(アーティストと仲が良くて事務所なんかを通さずに直接契約)のものもありますし、アーティストさんだけじゃなく例えばプロデューサーさんから直接声を掛けてもらったり中には「○○ってアーティストのバックで弾いてる人の音凄く良いんだけどこの人紹介してくれない?」みたいな友達の友達のような経由の仕方でお仕事を頂く事も結構あります笑。

なのでスタジオミュージシャン、と言うかミュージシャン自体が人との繋がりが非常に大事な職業なんですね。

兼業ミュージシャンは非常に多い

先述の話はあくまでスタジオミュージシャンとしての仕事。

ただ、今の音楽業界は正に一寸先は闇です。

僕は幸いにもこの仕事でご飯が食べられていますが、そうじゃない方の方が遥かに多い世界。よくお笑い芸人さんとかがテレビで下積み自体はコンビニバイトをしていた、なんて話になりますがそのまんまの世界です。

それと、実際に今食べていけているからと言って専業ミュージシャンとしてやっている方はかなり少数です。もちろん僕も含めて。

というのも、本当にいつ仕事が無くなるか分からない世界なんですね。

ただえさえ年々CDの売上は下がってきていて、音楽業界自体が衰退の一歩を辿っています。これはもう誰が何と言おうと否定のしようがない事実です。

事実僕らに払われる1曲辺りの単価はもちろん所属事務所や受けている仕事によって、そして演奏技術によって大分変わりますが確実に右肩下がりです。

僕みたいにまだまだ若いミュージシャンはそれでも受け入れられますが、もうベテランの域の方々はそれを中々受け入れられませんよね。

例えば10年前は1曲80万貰ってたのに、今では1曲30万も貰えないという状態だとしたら「俺はそんなに安くねえよ!」なんて事を思う方も正直多くいます。

結果として仕事が無くなり廃業、年齢的に就職も難しく高齢フリーターなんて話も結構聞く業界です。

そこで兼業ミュージシャン、つまり副業ですね。

コンビニやファーストフードなんかでバイトって人が最多を占めています。だから良く行くコンビニの店員さんが、実は有名な曲を弾いていた・・・なんて事もあり得る訳です。

ただ僕の場合はそれじゃリスクヘッジになってないと思っています(金額的な意味で)。バイトで稼げるのなんてどんなに頑張っても月20万そこらが限界ですからね。

だから僕はより利益率の良い方法を選択しています。

僕がやっている副業

僕は何個かの副業を並行して行ってます。そしていくつかの条件があります。

それは、

  • 自分のペースで仕事が出来る事
  • 場所を選ばない事
  • 誰かの下に付く仕事じゃない事

の3つです。

この辺の条件をしっかり満たしておかないと、後述する本業と副業との比率がおかしくなっちゃいますからね。

以下に紹介する仕事はミュージシャンじゃなくても出来ますし、このページを見に来ている方の中にはミュージシャン志望の方もいると思います。そういう方も今後の生計の建て方としてやってみると良いと思いますよー。

もし下記の僕が実際にやっている副業に興味があればコメントや問い合わせtwitter:@braveryk7辺りでご連絡頂ければ色々レクチャー致します!

FX

これが僕の一番の収益の柱ですね。

僕は海外に口座を開設して資産運用しています。この辺は以下の記事を合わせて読んで頂けると分かりやすいかなーと!

▶ XMってどうなの?FXで1万円を100万円にしてみました!

▶ XMで1000万、最高2000万の利益を叩き出しました!

FXの良いところは時間さえあれば土日以外はいつでも資産を増やせる事。

それと海外のFXは少額(最低200円ぐらいから)からチャレンジ出来るので、特に機材費や移動費、宿泊費何かがかさむミュージシャンにとっては非常に取り組みやすいです。

投資の技術が身につけば仮に本業で職を失っても食べていけますからね。

ブログ運営

正にこのブログがそのうちの1つです。1つ、と言うのは複数のブログやWebサイトを運営しているという事ですね。

ブログやWebサイトは誰かの為になる記事を書くことによって、広告収入を得る事が出来ます。

広告収入って言っても微々たる物じゃないの?と良く聞かれるんですが、きちんと頑張れば普通のサラリーマン以上の収入を得られます。

現に僕の今月の収入はまだ月が終わってないので確定はしていませんが、10月24日現在でおよそ30万円程です。残り1週間程度あるのでまだ伸びそうですね。

ブログは昔のような1個人の日記という枠を飛び越えてもう1つのメディアと言っても過言じゃありません。

僕のようなミュージシャンにとって、音だけではなく言葉やデザインなんかで誰かに何かを訴えかけるアウトプットが出来る場というのは形が違えど表現力を磨く場所になります。

事実僕もブログを運営し始めてアウトプットの形(相手にいかに分かりやすく伝えるか)を覚えてから、確実に表現の幅が増えました。

これはミュージシャンなら是非やって欲しいと思います。

もちろん、広告収入を得ずに無償でブログをやる方法だってあります。

ただ、どうせやるなら収入を得たほうが良いんじゃない?と考えています。

もし興味がある方は色々お教え出来ますのでご連絡を頂ければ!

Webサイト制作

これも先程のブログ運営と少し被る部分があるのですが、主にバンドやシンガーソングライター、アイドルを相手にWebサイトの制作を代行する仕事ですね。

特にバンドマンの多くは適当な無料サービスでWebサイトを立ち上げる事が多いんですが、きちんと対策を取っていないため集客になんの役にも立ってないただの飾り状態のWebサイトが非常に多いです。

普通の企業にWebサイトの制作を依頼すると平気で20万以上取られちゃったりしますが、僕はそもそも音楽業界の再発展を応援したい気持ちが強いのでこれを相場より結構安くやっています。

この仕事の良い事は僕も相手もミュージシャンなんで、Webサイト制作の仕事を通じて会った方と後で音楽の仕事で繋がれる事ですね。

実際にWebサイトを制作したお客さんとしての方と一緒にライブをやったりサポートベーシストを探している別の方を紹介して貰えたり一緒にバンドやったり、結構これ経由の出会いも多いです笑。

もちろん顧客は音楽関係者以外の方もいますので、普段生活していると中々出会えない中小企業の社長さんとかそこそこ大きな企業の総務の方とか、本当に色々な方との出会いがあるので中々面白く自由にやらせてもらっています。

プロデュース業

これはちょっと音楽と無縁の方には出来ない仕事ですね。

僕は今幾つかのバンドやアイドルを実際にプロデュースさせて貰っています。

もちろんまだまだ無名ですが、この仕事の楽しいところは徐々に認知度が広がって行って成長していく様を間近で見れる事。

ライブの企画を一緒にしたりレコーディングの時もそうですしイベントの交渉やメディア露出、先述したようなWebサイトを作ってWeb戦略をやったりと本当に多種多様な仕事があります。

そういう事をやっていく中に、自分がミュージシャンとして生きてきた技術みたいな物を伝えて行く仕事ですね。

何かをプロデュース、マネジメントすると言う仕事は向き不向きが当然あると思いますが、もし機会があったら是非挑戦してみて頂きたい仕事です。

収入の多さ

上記にあげた4つの副業ですが、実は紹介した順に収入が多いです。

若干分かりやすくイメージ的なものをお伝えすると、

FX>>>>>>>>>>ブログ>Webサイト制作>>>>>>>>プロデュース

と言った感じでしょうか?

ぶっちゃけプロデュース業は対して収益に繋がっていないどころか、多分今まで掛けた費用を考えれば大幅赤字です笑。

ただこれに関しては自分が楽しいからやっている、そしてミュージシャンとして挑戦したいからやっている事なのであまり収入に関しては意識していません。

副業が本業を凌駕してはいけない

実は小さな仕事レベルではまだ幾つかやっているんですが、それはもう本当に小さすぎてお話にならないので省きました笑。

ただどの副業にも言える事ですが、決して本業に対する時間や熱量を凌駕しないようにする事だけは注意しています。

だってもし本業を凌駕してしまっていたら、それはもう副業じゃないですからね。

FXは自分が好きな時間にやれますし、ブログもそうです。基本的には納期なんてありませんからね。

僕の仕事で唯一クライアントに対し納期が明確なのはWebサイト制作です。これはお客さんと取り決めた納期があります。

ただその期間も値段を下げている分少し余裕を頂いています。これも副業の域を脱しない為の一つの工夫ですね。

まとめ

多分副業をしていないミュージシャンはほんの極一部で、バイトや日雇い派遣だとしても何かしらの副業をしている人は非常に多いです。少なくとも僕の周りではベテランの先輩ミュージシャンでも将来を考え何かしらやっています。

中には本業で全く食っていけてなくて、副業が本業になっている方も正直多い状態です。

これは決してミュージシャンだけじゃなくて、今の時代サラリーマンやOLだっていつリストラされるか分かりません。これからの時代は公務員だって危ういと言われている世の中です。

こういう世の中だからこそ収益を給料だけに頼らずに、もし仕事が無くなったら・・・もしクビを切られたら・・・といった時にも「でも別の仕事があるから大丈夫!」ぐらいの余裕を持っていないと怖い世の中だと思っています。

まして僕は本業自体が危うい職業なので尚更強く思ってしまいますね。

だからこそ今から将来に向けて取り組んでいます。

ちなみに僕はもしミュージシャンとして食っていけなくなったら地方に引っ込んでまったりブログでも書きながら生きていく予定です笑。

コメント

  1. セイヤ より:

    ブログ拝見させていただきました

    有益なお話ありがとうございます!

    何本か記事を読ませていただいてますが、自分の理想とする生き方にとても近いと思いました

    自分も音楽をやっていて、もっと詳しくお話を聞きたいとおもいました

    ツイッターもフォローさせていただきました!

    • braveryk7 より:

      >>セイヤさん
      以前の記事も合わせ、コメントありがとうございます!
      ミュージシャンって職業は本当不安定なので、こういうお金の流れを幾つか作っておかないとなーと言う不安が前提の行動だったりします・・・w
      一見自由に見えるんですが、地味な作業が多いので結構精神的な強さは求められるかも知れません笑。
      おお、後で僕もフォロバさせて貰います!是非是非色々仲良くしてやって下さいませー!